日東あられ廃業にビックリ


27-16.jpg

 
昨日の地元新聞一面に「日東あられ廃業」の文字が。

突然の事なのでビックリです、地元では
もっとも身近な企業の一つですから。


20年前にも一度破綻していて(その時は大阪の修業先で
聞いたのですが)、でもその時は支援を受けて事業を
継続していけたけれど、今回は「廃業」ですからねえ。
消費者の嗜好の変化ですよね。

年代が高い方はあられや煎餅ですが、
若い世代になると”ポテトチップス”ですしね。

小学校の頃、工場見学に行ったとき
“(売上)日本一のあられメーカー”という説明を
聞きました。
30数年前のことです、それが今となっては廃業となって
しまうのですから・・・


Comments

  • 私の子供の頃には近所の農家が何軒か日東に米を売ってました。
    その頃は確か沓井に工場があったと記憶してます。
    いまの萩原は井上ゴムができた場所ですよね。
    すべて、たぶん (笑)
    そうですか、日東はなくなるんですね。

  • 沓井をふくめ幾つかの工場は最初の破綻のときに
    無くなりました。
    そして今度は全てなくなります。

  • 廃業に至った理由は 例のごとくと言うかよく聞くバターンで 「バブル期の投資の失敗」らしいですね。
    いくら大きな菓子メーカーでも30億の負債というのは驚きです。
    トレハロースの林原と同じように むちゃくちゃな経営だったような気がしますけど??
    菓子屋って、大きい小さい関係なく 本業をしっかりやっていれば 時代のニーズに多少はずれても このような形にはならないと思うんですけどね。
    それにしても、池田町って結構たくさん工場というか会社がありますよね、
    「もうすぐいげたやさん」と言うところの川沿いの反対の山は驚きです、
    大きな山が 段々になっていて、元々の山からしたら半分くらいになっているんですかね。
    あれはセメントの材料を採るために 山がああなってしまったんですか?
    車を降りて 写真を撮ろうかと思いました。
    シナモンさんの子供の頃かと思うと
    池田町の景色も 随分変わりました??

  • 20年前の破綻の時は"投資の失敗"と言うことも
    聞きましたが、今回はそういうのではないみたいですよ。
    一度目のときは負債が500億以上だったので、
    それに比べればかわいいものか???
    あの山は石灰や大理石採っています。
    あそこらは池田町に入る手前、大垣市になります。
    確かにだいぶ小さくなっているでしょうね、
    しょっちゅう目にしているとその変化も
    判らないのですが。

  • 池田町の隣町(神戸町)の者です。
    池田町って結構、店舗の入れ替わりが激しいですよね。
    何10年か前に、「ヤナゲン」が潰れて「トミダヤ」になり、
    その「トミダヤ」があった所に「ユタカドラッグ」が開店。
    最近の例だと。
    ・川口屋(跡地に「ゲンキー」)
    ・アント(跡地に「ビデオ屋?」
    ・消防署というか三心の傍にあったビデオ屋(跡地に何の店かわからない)
    ・ボウリング場(三心の駐車場?か何か)
    ・びっくり市とかいう店(別の店舗に)
    探すと切が無いねぇ~。
    4店舗が潰れてますよね。
    「日東あられ」って、あのでかい工場ですよね。
    跡地はどうなるんだろう。
    石灰採っている山:金生山(赤坂山)、大野方面の名前の分からん山。
    ああ、いつもの癖で長くなってしまった。

  • 山野さん、こんばんは。
    確かに色々出入りがありますね。
    ある程度の新陳代謝は必要かとも思いますが、
    大型店の出店、撤退に個人・零細企業は
    右往左往してしまいます。
    日東あられの跡地どうなるのでしょうかね?
    国道沿いのいい場所ですしねえ。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください