黄色い本と言うらしい


39-31.jpg 北京オリンピックも開幕と言うことで!?
何度目かの中国ネタを・・・
一ヶ月近くの一人旅です。
20代半ばの若かりし頃?ですから、背中に背負ったリュックの奥には
○○○な雑誌も忍ばせてあります。
現地の言葉では”黄本”と言うそうです。
某街の食堂で夕食を食べていたときのこと、地元の兄ちゃんたちが
話しかけてきました。
片言の英語と日本語と漢字の筆談でのおしゃべりです。
すごーく、つっかえつっかえのやり取りですが、楽しい夕食となりました。

 

 


で、話の中で
”黄本は持ってないのか?日本のヤツはエエんだよなあ”
”ああ、もってる。じゃあ明日ココに持ってこようか?”
なんてことになって、
次の夜もその食堂へ。
”おお、こいつはすげえ”(と云っていたかどうかは判らないのだけど・・)
みんなで大騒ぎして、ビール飲んで・・・
私の黄本は何処へ?
”いいだろ、ビールおごってやっから!!”
彼らに持っていかれてしまいました(^^)
次はもうちょっとあやしい?話・・・(続く)


2 Comments »

  1. ふむふむφ(。。)
    中国では黄色に元来そういった意味があるのでしょうか?
    日本語の「黄色い声」って言うのも男性のイメージでは無く女性のイメージですし・・・
    それとも、英語の『イエローキャブ』からイエローだけ持ってきた造語でしょうかねぇ?
    いずれにせよ、中国五輪始まりました。
    夕食時に中国チームの試合を合わせるなんて・・・!
    まぁ、日中は暑くて試合にならないのかもしれないけれど、何となく“ずるい”って思いました。
    明日からお盆の帰省です。

    Comment by suzuki — 2008年8月8日 @ 21:55

  2. >黄色に元来そういった意味が
    どうなんでしょうね?だとすると、
    我々黄色人種って・・・
    >何となく“ずるい”って
    まあ、それも地の利ってヤツでしょうね。

    Comment by シナモン — 2008年8月11日 @ 15:06

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment