坪井の竹


IMG_2274.jpg
 
「岐阜に過ぎたるものが2つ有る。
坪井の竹と名和の昆虫」
とかつての県知事が云われたそうである。

 
昆虫の研究で知られた名和さんと竹の研究の坪井さんの
ことを指してである。

 

 


名和さんは岐阜市に「名和昆虫博物館」があるので
こちらでは知っている人も多い。

 
が、坪井さんのことは・・・
竹林翁といわれた坪井伊助
池田町出身の方なのだが、地元でもそれ程知られていないというのが
現実だろう。

 
ウチのおじいさんが、その坪井伊助さんのお孫さんと仲良かったことから、
いつも時期になると、竹の子を持ってきて下さる。

 
今年もたくさん頂いた、ありがたいことである。


2 Comments »

  1. あら、私の父方のおじさんが名和の家に養子に行ってます。
    だから、親戚といえば親戚なんですけど (笑)
    中学までは趣味は昆虫採集でした。

    Comment by しぇんしぇい — 2008年4月28日 @ 11:16

  2. >名和の家に養子に
    へー、そうなんですか!
    小学生の頃に何度か名和昆虫博物館へ
    連れて行って貰った覚えがあります。
    でもそれ以降はご無沙汰、30年ぶりに
    行ってみようかな(^^)

    Comment by シナモン — 2008年4月29日 @ 19:37

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment