養老鉄道


IMG_1277.jpg
 
10月1日、近鉄養老線が養老鉄道に移行しました。
(写真は大垣駅、以前の撮影ですからまだ近鉄です。)

 
桑名~大垣、大垣~揖斐を住民の足としてつないできた
近鉄養老線が今日から近鉄子会社の養老鉄道となりました。
上下分離方式といって線路等、施設の保守を近鉄がおこない
運行を養老鉄道がするというものです。

 
ようするに、利用者の少ない路線の維持管理が負担なのだが、
この路線だけ運賃値上げというのも近鉄の路線であっては
出来ないので、別会社(養老鉄道)を設立し新たにやっていく
ということです。

 
ですから運賃は値上げとなりますが、この線が廃線になっては
困りますから致し方ないところではあります。

 

 


ここ池田町は片田舎ですが、少しずつ人口が増えています。
ですが田舎ゆえに車依存でありますから、通勤等にも車を
使う方も多く、人口は増えていても電車利用の方はだんだん
減っています。

少子化で通学の高校生も減っています。

養老鉄道に移行はしたけど、今後どうなっていくことやら
運賃が上がり、利用者が減り・・・負のスパイラルに
陥っていくことが怖いです。


2 Comments »

  1. 揖斐線も養老線だったのですか。

    Comment by しぇんしぇい — 2007年10月2日 @ 12:10

  2. 正式には養老線だったんです。
    でも、みんな揖斐線って言いますし、それで何の
    支障も無いですけどね。

    Comment by シナモン — 2007年10月2日 @ 19:47

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment