極まれに、お目にかかります


5000円札
 
小売業をしているので、代金は殆どが現金で入ってくる。小さな店なので、たいした売り上げがあるわけではないけれど、毎日お金を受け取っていると、本当にマレにですが、古ーいお金で支払われるお客さんがいます。

 
硬貨では記念硬貨とか外国の硬貨(500ウォンとか)が多いです。色や大きさが似通っていると気が付かずに受け取ってしまいます、お客さんのほうも気が付かずに払っているんでしょうね。

 
先日、立て続けに古い紙幣を受け取りました。
まず、5000円札。聖徳太子の5000円札なんてすげー久しぶりにみた。現行の紙幣と比べると大きいですねえ、財布に入れてみると少しはみ出してしまいます。でも全種類同じような大きさの現在の物より、高額紙幣は大きい方が貫禄あると思うのは私だけですか?

 
で、次に受け取ったのが、

 

 


100円札
 
さらにさかのぼって100円札。

 
よく今まで生き残って流通していたものです、私(40手前)達の年代以下だと見たこと無い人が多いのではないですか?
私も子供の頃に100円札を使った記憶は無いです、ていうか小遣いは10円玉でしたから・・

 
以前に客さんから受け取った、500円札をコンビニで使ったところ、店員のオネーチャンは
「はぁ????????何ですかこれ」と目を丸くして、奥の年配の店長に確認しに行きました。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。