いび茶・・・対策


2011-06-04 17.30.03.jpg
 
前回書きましたが、町内で抹茶を挽いている所はどこも無い!
という事実が判明して、どうしたものか?と思案しました。

無いのなら自分で挽いちゃえ。
と云う訳で、さっそく機械を手配。

まあ、機械といっても家庭用のですから
大したものでは無いのですけどね。


いび茶の玉露を買ってきて、せっせと挽いています。

抹茶ほどではないですが、まずまずの細かな粉末に出来ます。
ただ1回(10分)で3gほどしかできませんし、機械が
熱を持つので2回やっては1時間のインターバルが要ります。

家庭用の機械なのでそのあたりは致し方ありません。

すべてが抹茶と置き換えられるわけではありませんが
これで文句無しに”いび茶”を謳えます。

ところで、抹茶の原料となるものを「碾茶」といいますが、
池田町内で碾茶を作っているところはあるのです。
それを宇治のお茶屋さんに卸して、(他産地のものと)ブレンドされ
抹茶に加工されます。

もしかすると今まで使ってきた抹茶にも”いび茶”が含まれて
いたのかもしれません。


2 Comments »

  1. 自家製の抹茶で味はいかがですか?
    OKなら揖斐抹茶で (^_^.)

    Comment by しぇんしぇい — 2011年6月7日 @ 15:01

  2. 風味や色はやはり抹茶には及びませんが、
    商品によって使い分ければ十分に使えます。

    Comment by シナモン — 2011年6月8日 @ 11:05

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment