肉桂


2010-08-13 08.09.29.jpg 弊店で使っている”桂皮抹”。

先日、とある会社から電話があった。
「アイスクリームを作っている会社なんですが、
ニッキを探してまして・・・」

話を聞いてみると、国産の肉桂を探しているらしい。
いろいろと聞いてみたけれど国産のものはどこにも無く、
肉桂を使っている弊店に尋ねてみたということである。


残念ながら、弊店で使用しているものも輸入品で、
先方の希望にはそぐわなかったのでした。

以前に材料屋に訊いた事があるのですが、
国産のものは流通には乗っていなくて
扱ったことが無いそうである。

極わずかな国産のものも決まった取引先が
押さえちゃっている。
という話を訊いた事があるということだそうな。


4 Comments »

  1. 片山の家には大きな肉桂の木があります。
    子供の頃にはよく根をかじってました。
    商品にするってたいへんだと思います。

    Comment by しぇんしぇい — 2010年8月17日 @ 12:34

  2. 今の若い人は”肉桂の根っこ”なんて知らないでしょうね。
    私ももう随分見たことないのですが・・・

    Comment by シナモン — 2010年8月19日 @ 21:10

  3. 日本シナモンのニ―ズはまだあるのでしょうか。
    私の知り合いで数百本も育てている方がいます。
    何かの役に立てば良いのですが。
    もしユ―ザをご存知でしたらご紹介下さい。

    Comment by マツオ — 2017年3月19日 @ 09:29

  4. マツオさん、コメントありがとうございます。

    上にも書きましたが、桂皮抹は輸入品ばかりですので「国産」という事で差別化すればニーズがあるのかもしれません。残念ながら私どもの周囲ではそういうユーザーを知らないのですが。

    弊店も国産があれば使いたいというのはありますが、価格や形状(粉末になっていないと)ということも考慮にいれなければならないので・・

    Comment by シナモン — 2017年3月25日 @ 17:38

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment