桜花の蒸どら


IMG_2100.jpg

 
前回の記事で取り上げた蒸どら、今は桜餡のものになっています。

 
塩漬けの桜葉を細かく刻み、桜色に染めた餡に練りこんであります。
ほのかな香りと塩味がアクセントになっています。

 
IMG_2105.jpg

 
上面には桜の花が彩りを添えます。

 

 


蒸どらの作業風景もちょっと紹介しますね。

 
IMG_2055.jpg

 
生地を絞っています。

 
持っている口金を使い回しているため、ここの作業性がイマイチ悪い。
生地に合った口金を買えばいいのでしょうけど・・・

 
IMG_2056.jpg

 
蒸し上がった生地。
2枚合わせ、冷めたら

 
IMG_2058.jpg

 
餡をサンドします。

 
前回の記事に大きさについて質問が寄せられましたが、手の大きさで
大体の見当が付きますでしょうかねえ?

 
IMG_2057.jpg

 
以前撮影したものだから、作業写真は栗餡の頃のものです。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください